今回ご案内するのは無料で資産運用ができるプラストークンウォレット

かなりの勢いで登録者が増えており、
9/14.15に開催されたWBFのメインスポンサーになるなど、
今注目のプロジェクトになります。

ここ最近LINE@にプラストークンについて色々なコメントを頂きます。

あくまで個人的な考えですがまとめたのでご興味ある方はご覧下さい。
プラストークンで資産運用した理由

今なら運用開始で1,000円~50,000円のボーナスが貰えます!
2,000万PLUSの支払いまで継続

取引所オープン前(2018.9月予定)までに
ウォレットに資金を入れ運用を開始すると取引所の手数料収益分配の利権を得ることができる!

関連記事一覧

9/14.15に開催されるWBFにPLUSTOKEN参加!メインスポンサーに!
https://mp.weixin.qq.com/s/b-_uwLdrMYTPlvFjH316TA

WBFでのPULSTOKEN

下のリンクに、個人が撮影しているものですがWBFの時の動画がありました。飛ばしたりができないので時間がかかりますが、興味ある方は見てみてください。
WBFの動画

タイムズスクエアのナスダック大画面
http://www.518nasdaq.com/newsdetail_1389417.html

PlusTokenはZhongguancun Venture Streetでデビュー
https://mp.weixin.qq.com/s/CoSHYnaKvxD2uoNOoDC5HQ

レオは香港グローバルブロックチェーンサミットに参加
http://m.scbzol.com/content/jingji13770579.html?from=singlemessage&isappinstalled=0

※金色財経は中国国内最大級のブロックチェーン業界専門メディア
金色財経 WBF済州技術会議は、国の半分の超強力なラインナップクラスターブロックを初めて公開した
https://www.jinse.com/bitcoin/238513.html

ここ最近広がりを見せているウォレットですが、
このウォレット、資産を入れて運用するだけで配当が貰えるウォレット。

私もすでに運用開始していますが、日利0.3%前後で資産が増えています。

0.15BTC運用の履歴公開しています。

まずは、どのような仕組みで増えていくのか、
その辺を解説してきます。

プラストークンウォレットとは

プラストークンウォレットは、
資産を入れて運用に回すと

日利約0.3%
月利約10%

で運用してくれるウォレットです。

配当原資はアービトラージ。

ウォレットに資産を入れ、
アービトラージシステムの【AI-Dog】に接続し運用します。

通常のアービトラージシステムの場合、
個人で各取引所のアカウント開設をし、
それをAPIで繋げるというようなことが必要でしたが、
Ai-Dogへ運用させる資金をまとめて運営側が運用するので
自分で何かをする必要はありません。

公式サイト上でこのシステムの運用実績を見ることもできます。

プラストークンウォレットに保管できる仮想通貨

3か月前くらいは4種類しか保管できませんでしたが、
今現在は7種類に増えています。

今現在保管できる通貨は

PLUS(プラストークン)
BTC(ビットコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
ETH(イーサリアム)
DOGE(ドージ)
LTC(ライトコイン)
XRP(リップル)
DASH(ダッシュ)

となりますが、まだまだ追加される予定です。

直近ではEOS・NEOが追加予定です。

PLUS(プラストークン)とは

プラストークンウォレットで資産運用した際に
配当として受け取ることができるのがPLUS(プラストークン)です。

このPLUS(プラストークン)は
自社取引所で使用することができる独自トークン。

9月中旬には取引所オープンする予定とのことですが、
取引所オープンはよくズレるので10月頃まで延びるかもしれません。

認可は既に取得済みとのことです。

PLUS(プラストークン)の
価格推移はこのようになっています。

5月01日:0.86$
6月20日:1.40$
7月05日:4.37$
7月18日:5.39$
8月04日:6.319$
8月18日:7.219$
8月19日:7.37$
8月21日:7.23$
8月30日:10.089$
8月31日:10.197$
9月1日:10.695$
9月13日:9.1$
9月16日:12.095$

プラスは5億枚の発行枚数

これを見ると、すでに10倍近い上昇になっているので
上場後に売られて下落する可能性もあり、
いま運用しても、得た配当の価値が下がるなら日利が減るのでは?
と思うかもしれませんが、特に心配する必要はありません。

配当で得たPLUS(プラストークン)の使い道

今現在、PLUS(プラストークン)は上場していませんが、
すでにETHと交換することができます。

その為、日々の配当を即座にETHに交換してしまえば、
上場後の下落を心配する必要はありません。

また、価格がすでに10倍程度まで上昇している、
ウォレット内でETHにいつでも交換可能にも関わらず、
特に大きく下落することなく価格推移しています。

要するに先行で手に入れている層の人間が、
売れる状態でも手放していないという事実があります。

その為、上場したとしても大きく下げる可能性は低いと思いますね。

今現在(2018.9.16)多くの仮想通貨が暴落する中、
PLUS(プラストークン)はそこまで価格が落ちていません。
今現在12.095$です。

ホルダーも更なる上昇を期待しているということでしょうね。

また、PLUS(プラストークン)をETHに交換し、
再度運用に回す、いわゆる複利運用も可能なので、
運用の仕方は人それぞれになりますね。

ETHに変えたら、違うウォレットなどに送ることは可能。

その辺は他のウォレットと変わりありません。

今現在はETH/PLUSしか取引できませんが、
取引所に上場後はウォレット内で、
PLUSを基軸としたBTC・BCHなどの
通貨と交換可能になっていくということです。

そうなれば、例えばETH以外の通貨で
運用して複利運用したい場合も
取引所にアクセスしなくてもウォレット内で
売買ができるようになるので楽ですね。

プラストークンウォレットで運用する条件

プラストークンウォレットで資産運用するには、
最低500$分の仮想通貨を入れておく必要があります。

注意点として、ウォレットに入っている総額ではなく、
1通貨で最低500$以上を運用に回さないといけません。

例えばBTCで250$分、ETHで250$分では
運用が出来ないのでご注意ください。

また、運用している通貨が下落した際には、
その時の価格で計算されるので500$を切ってしまうと
自動で運用停止となるので注意が必要です。

複利運用を検討する場合も、
PULSはETHにしか交換が出来ないので
複利運用をする場合はETHを最低でも
500$以上用意しておく必要があります。

運用の注意点

プラストークンウォレットは運用は無料ですが、
停止時に手数料が発生します。

28日以内で終了 5%の手数料
28日以上の運用 1%の手数料

となっているので、早期終了すると損します。

最低でも15日以上は運用しないといけませんね。

プラストークンウォレットまとめ

プラストークンウォレットは、
韓国の大手メディアと共同でカンファレンスを開催したり、
Nasdaqに広告掲載するなど積極的にマーケティングを行っています。

9月14日15日に開催されたWBF(ワールドブロックチェーンフォーラム)も
プラストークンが主催しました。

無料で資産運用もでき、取引所トークンとなる
プラストークン保有で価値上昇も狙える。

プラストークン全体として捉えてみると、
ウォレットのダウンロード数はすでに15万を超えており、
入れておけば資産が増えるので今後どんどん利用者は
増えてくることが予想されます。

ウォレットダウンロード数として世界第2位です。

人気通貨であるEOSやNEOなども追加されれば、
もっとユーザーが増えるでしょうね。

ユーザーが増えてくるメリットとしては、

利用者が増える→取引所が儲かる→取引所オープン前に運用している人は手数料分配される。

という流れができるからです。

9月オープン前までに登録し運用開始すれば
取引所の手数料が分配されるので
このタイミングで参加出来るのは大きなチャンスですね。

プラストークンは取引所・ウォレットだけでなく、
ATMの設置などインフラも幅広く進めていくプロジェクト。

手数料収益の30%を使い買い戻しを行うので、
自然と価値が上昇する仕組みも組み込まれています。

プラストークンを
ホールドするという選択もアリですね。

仮想通貨は中長期投資を
前提で保有している人も多いと思います。

ただ保有しているだけでは増えることはないので、
一部をプラストークンウォレットで
運用してみるのもいいでしょう。

ただしリスクはゼロではないので、
余剰資金、運用判断は自己責任でお願いします。

開設方法はこちら


仮想通貨投資(トレード・ICO・マイニング全てにおいて)
は価格の変動が激しく元本割れのリスクがあります。
また想定外のリスクも起こりえますので
投資はあくまで余剰資金かつ自己責任で。