「仮想通貨」でよく見られる用語集♪

私が経験してきた仮想通貨運用で出てきた用語を載せていきたいと思います。それ以上にまだまだあると思いますがとりあえず経験上の範囲で(^^;

【取引所】
仮想通貨の取引を行う場所。「銀行」のイメージ。国内のであればJPY(円)とも交換可能。

【ウォレット】
保管場所。「財布」のようなイメージ。「ソフトウォレット」「ハードウォレット」があり、ソフトウォレットはプログラム上で管理するのに対し、ハードウォレットは機械を購入したりしてそれを介して管理します。ソフトウェアウォレットにはそれらしく作った偽者サイトもあるようなので注意が必要です。

【ビットコイン(BTC)】
2018年9月現在、日本円(JPY)に換金できる唯一の通貨です。他のアルトコインの売買にはBTCから購入、販売をしないと日本円に変えることができませんので、「必ず通る通貨」と言っていいでしょう。

【アルトコイン】
ビットコイン(BTC)以外のコインを指します。ただ、この中にもイーサリアム(ETH)のようなメジャーのコインもあれば上場したばかりのマイナーなコインもあります。購入前にそのコインについてよく調べた方が良いでしょう。

【ハードフォーク】
ビットコインキャッシュ(BCH)の時に有名になった、いわゆる「分裂」。実際は日本円でもあった「500円札が500円玉に変わります」的なもので、悪い意味ではないのです。ちなみにその日本円と違うのは、日本では銀行に行くと500円札と500円玉を交換するので「所持金は同じ」ですが、仮想通貨の場合「保有量そのままの枚数を別に貰える」ことになるので、新しく増えたコインのレート次第ではとんでもない額もらえることになります。

【プレセール(プレオープン)】
参加できる人を制限した取引の開始(プレオープン)や、上場前の破格でコインやトークンを販売(プレセール)の意味。破格で購入後、上場されることで暴騰を狙い利益を出す狙いのユーザーや、初期の問題点(サーバへの負荷など)の確認をする運営の為のセール(オープン)です。

【グランドセール(グランドオープン)】
上記を一般公開開始した状態です。基本人気のある(注目を集めている)コインはこのタイミングで高騰します。

【トークン】
トークン(Token)とは、一言で説明すると「企業・個人よりブロックチェーン上で発行された独自コイン」です。「新しいコイン」という部分では「トークンもコインも同じ意味」と考えて良いでしょう。

【ICO】
2018年は「ICO元年」と言われています。ICOはスタートアップが迅速に資金調達できる手段として注目されているInitial Coin Offering(新規仮想通貨公開)の頭文字になっています。

しかし、個人的にはICOの大半は上場しなかったり、上場しても逆に値下がりしたりする傾向が多く見られ「信用」という意味では薄い物と思いますので、大金をつぎ込むのは危険と思っています。

っというのも、上場前のプレセールの段階で「プレゼント」をしている所が多く見受けられます。中には「1000万円分以上購入したら150%上乗せしたコインをプレゼント!」という所もありました。それがどう影響するのか・・・それを購入した人は

「上場した瞬間に2500万円分のコインがあるから全部売って1500万円利益を出そう」

と考える人もいるでしょう。そうなると、上場した瞬間大暴落・・・結果的に買った時より安いコインになってしまい、次々と他の人も「価値が無くなる前に売ってしまおう」悪連鎖。そこから高騰どころか元の値段に戻るのが難しいまでになることがあるからです・・・

【上場】
取引所で正式に取扱い(売買)可能になる状態。

とはいえ、現状「取引所で扱われ始めたから安心」とは言えません。上記ICOのようなことがありますので、暴落一直線のものもあります。

【AirDrop(エアドロップ)、無料配布】

指定コインを指定数以上保有している場合に、配当として日(月)1%(パーセント)等そのコインによって無料配布されるのをAirDropと言います。

無料配布もそのままで、基本は無料でもらえるコインです。一見危険な匂いがしますが、ICO等でそのコインの知名度を上げるのが目的なため、普通は貰っていて損はありません。「上場後すぐ売ってしまう」か、「暴騰を夢見て宝くじのように持っておく」のも手です。

取引所なら高配当型取引所CoinPark!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
取引所なら高配当型取引所CoinPark!
コメントの入力は終了しました。

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer