結局「仮想通貨」ってどうなの?(「ハードウォレット」編)

さて、前回「国内の取引所を複数持つ方が良い」と言いましたが、これについて説明します。

「どれかの取引所に問題があり、入出金不可能になった場合の対策」

と説明しましたが疑問があるでしょう。

「4つの取引所を持っていて、その一つに入れていたらそこが入出金不可能になったらどうするの?」

「4つの取引所に1/4ずつ資産を置いていたが、「一つが入出金不可になって1/4が出せない」ってなるのでは?」

っと・・・

その時の為に「ハードウォレット」というものがあります。簡単に言えば「財布」になります。これを利用して「普段動かさない資金はそこに保管しておき、引き出す際に稼働している取引所に資金を移動して出金する」という方法で上記は回避できます。

【ハードウォレットを入手する】

◆TREZOR(トレザー)◆

◆CoolWalletS(クールウォレットS)◆

◆Ledger Nano S (レジャー ナノS)◆

主要銘柄は上記の通り。
種類によって取り扱える通貨の種類が違う部分があるので、必要に応じて複数持つのも一つの手です。また、PCが無くても使用できるものもあります。

一見

「これが壊れたり無くしたらどうなるの!?」

っと思うかもしれませんが、そこはちゃんと対策がされています。と言っても、買った本人がちゃんと指示通りの作業を行っていなければ中身は全て戻ってこなくなりますので注意です!

TOREZORを例にすると、液晶に表示される24種類の英単語を「物理的に紙にメモします」。時代を感じますが「復活の呪文」ですw

復元する際には、ランダムでその24単語の番号を聞いてきますので、その番号の単語を入力します。それで復元できます。私も既に4回ほど間違って初期化したりしてしまいましたが、ちゃんと元に戻り現在も使用中です(`・ω・´)b

スポンサーリンク
スポンサーリンク
取引所なら高配当型取引所CoinPark!
コメントの入力は終了しました。

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer